本物の風俗体験

大学生が人生初めての風俗に直撃

[駅ちか]人気デリヘルランキング&検索は川崎エリアをほぼすべて掲載済み!
大学生の僕は、長期休暇に入り退屈な日々を送っていました。そんなとき、出会ったのが風俗だったんです。大学生の僕にとって、風俗というのはまさに神の領域です。大人にならないと使えないと思っていたのですが、成人を迎えた僕なら怖いものはなにもない。思い切って川崎のデリヘルを呼んでみることにしました。正直、めちゃめちゃ緊張して手汗が半端なかったです。手汗で濡れるスマホで電話して、気になった風俗嬢を指名してみました。しばらくして部屋をノックする音が聞こえてきました。「これか!」と思い扉を開けると、そこに立っていたのは自分が指名した女の子です。かなり緊張していたので、何も言わずに彼女を部屋に連れ込みました。それからの記憶はちょっと曖昧です。とにかくフェラが気持良かったのは覚えているのですが、心臓の爆音で耳には何も聞こえていなかったと思います。それくらい、心臓の音がうるさかったのですが、とにかくプレイ自体は最高でした。またデリヘル使いたいです。

いつでも。それが魅力かな

デリヘルが好きなのは、料金とか女の子のレベルとかよりも、大前提としていつでも楽しめる点にあるのかなって思います。自分の話で恐縮ですが、自分の仕事は飲食関係なんです。だから休みは平日ですし、仕事が終わるのも0時を過ぎます。会社員のように仕事帰りに風俗…というのははっきり言って不可能ですね。だからお店の風俗に行くなら休みの日だけなんです。でも、朝は早くないので帰宅してから2時か3時に寝るんですよ。その時間は普通のサラリーマンからすれば0時とかそのくらいですよね。だからその時間に利用出来るデリヘルばかりになるのもある意味では当たり前なんじゃないかなとも思うんですよね。自分の中で選択肢はデリヘルだけと言っても決して過言ではないんですよ。むしろデリヘルであれば時間を気にすることなく、仕事の後に楽しむことが出来るので休日は休日でいろいろなことを楽しめるんですよね。だからスケジューリング的にもデリヘルはありがたいんです。

学生時代に好きだった子に似ていた風俗嬢

高校時代の恋愛が忘れられない。高校生の時に好きな女の子がいていつも彼女のことを見ていたんだけど、告白できないまま時は過ぎていった。せめて、卒業式にでも告白をしようと思っていたんだけど、気が付けば彼女はすでにいなかった。彼女への想いを忘れられないままで社会人になり、数年間恋もしないで生活していた。たまたま、デリヘルのホームページを見た時だったんだけど、彼女に似ている風俗嬢を発見した。彼女にそっくりと言うよりは俺の好みのタイプの風俗嬢だったので、デリヘルに電話をかけて彼女を指名した。家に来た彼女と話をしてみるとやはり本人ではなく別人だった。でも、高校の頃に好きだった子以上に可愛くて、彼女とのエッチはすごく盛り上がった。とは言っても、プレイのほとんどは彼女がご奉仕をしてくれて、俺はほぼされるがままになっていた。彼女の口の中に発射をしても嫌な顔をせずティッシュに精液を吐きだしニコッとこっちを向いて微笑んでくれた。新たな恋が始まったかもしれないな。

デリヘルの日はテンションが違う

デリヘルでも楽しもうと思う時は、朝からテンションが高いですね。寝る前に「明日はデリヘルでも」と思う時もあれば、その日になって急に風俗気分になってデリヘルのホームページをチェックする時もありますけど、どちらかといえば「明日はデリヘル」と思う方が多いですね。性欲は気分の問題が大きいとは思いますが、一方では現実的にどうしても出来ることと出来ないことというか、残業だとかお金の問題だとか、「現実」というものも考慮しなければならないですしね(苦笑)だから仕事の負担がなさそうで、更には財布にも余裕がある。そんな時にはついデリヘル気分になってしまいがちですよね。こればかりは自分でもついつい思ってしまうんですよ。でも、デリヘル気分になると自分の中でテンションがかなり高いんですよ。嫌な仕事であっても「この後は楽しいことが待っている」と思ったらそれを頑張ろうって気持ちになれるんですよね。ちょっとした気持ちの問題ですけど。

とろけそうな魅惑ボディの風俗嬢

とろけそうな魅惑ボディの風俗嬢とプレイしてきました。僕が使ったのは、最近話題のぽっちゃりデリヘルです。このデリヘルには、ぽっちゃりした子が集まっていて、全身とろとろの子が多いんです。先日僕が使った風俗嬢も、とろけそうなボディの子でした。おっぱいにはたっぷりと肉が詰まっていて、ちょっと揉むだけでその柔らかさがダイレクトで伝わってくるんですよね。それが気持良くて、長時間彼女とはプレイしちゃいました。延長までしてしまうくらいに、今回の風俗には満足しています。デリヘルとかってあまり延長とかしないのですが、今回は「もっと長くプレイしたい」と懇願したら延長できました。ちなみに、彼女のおっぱいは最高に柔らかかったです。とても魅力的だったし、また使いたいなって思いましたね。プレイ自体も最高に楽しめるものだったし、満足度はかなり大きいです。これからも彼女とのプレイを楽しみ、色々と満足したいなって思っています。次も期待していますよ。

便利。デリヘルはこれに尽きる

一言で言えば「便利」に尽きるんじゃないですかね、デリヘルは。風俗にいろいろなジャンル・バリエーションがあることはよく分かっていますし、どれもそれぞれ違った魅力があります。違いは優劣ではなくて方向性の違いであって、何が何より優れているとかではないと思うんですけど、ただ便利さという点ではデリヘルは頭一つ抜けているんじゃないかなとも思いますよね。電話さえあれば楽しめちゃうんです。もちろん携帯電話やスマートフォンでいいんです。今の時代背景を考えたら、それこそ誰もがいつでもデリヘルを利用出来るシチュエーションにあるって言っても良いんですよね。電話で呼んで楽しむ。スマートフォンならデリヘルのホームページのチェックから電話まですべて一台だけでできてしまいますもんね。これほどまでに便利に楽しめるからこそ、何となく利用しようかなと思う部分もありますよね。そこが大きな魅力でもあるだけに、自分にもマッチしていますよ。